長野県高等学校歴史教育研究会・冬季研究会のお知らせ

研究会

【日時】2021年12月4日(土)12:45~17:00 
【会場】オンライン形式での開催 
【プログラム】
・12:45~ 開会行事
・12:50~ 特別報告①
      宮下明彦(長野県図書館協会会長)「「信州地域史料アーカイブ」を覗いてみましょう」
・13:10~ 会員授業実践報告①
      倉田涼子(岡谷東高校教諭)「ロイロノートを使用した授業実践」
・13:50~ 特別報告② 
      徳原拓哉(横浜国際高等学校教諭・東京大学大学院情報学環修士課程)
         「デジタル・コンバージェンスと歴史〜BLMにおけるSNSの資料性を巡って〜」
・14:40~ 会員授業実践報告② 
      熊澤宏一(丸子修学館高校教諭)「新教育課程への移行に関する諸実践」
・15:20~ 講演 
      三成美保(奈良女子大学副学長)
         「「同性愛」概念の成立とトランスジェンダーの病理化-歴史の中のセクシュアリティ」
・16:50~ 閉会行事

通常、参加のためには長野県高等学校歴史教育研究会の会員であることが条件ですが、高大連携歴史教育研究会の会員も参加費500円にて参加することが可能です。参加をご希望の場合、高大連携歴史教育研究会の会員である旨とあわせ、こちらの受付フォームか下記の事務局までメールでお申し込みください。
▼長野県高等学校歴史教育研究会事務局
 連絡先:長野県岡谷南高等学校教諭・利根川尚吾
     Eメール s0ci.csng.t0ne■gmail.com(■を@に置換してください)
▼参加費のお振込先
 八十二銀行南木曽支店(店番号453)普通192098 
 名義:長野県高等学校歴史教育研究会

タイトルとURLをコピーしました