第5回 地域歴史資料継承領域(A班)研究会「歴史教育と地域社会-地域歴史資料の「活用」のあり方-」のお知らせ

研究会

【日時】2021年11月23日(火・祝)13:00~16:00頃 
【会場】オンライン形式での開催 
【参加費】無料 
【主催】<JSPS科学研究費補助金特別推進研究>地域歴史資料学を機軸とした災害列島における地域存続のための地域歴史⽂化の創成(代表 奥村弘) A班「地域歴史資料継承領域」
【プログラム】
・13:00~ 主催者挨拶:奥村弘(神戸大学)
・13:05~ 趣旨説明:小野塚航一(神戸大学)
・13:15~ 百済正人氏(兵庫県立御影高等学校教諭)
       「地域連携から考える高等学校歴史教育について-地域歴史資料の活用と課題-」
・13:45~ 生駒佳也氏(四国大学非常勤講師/元徳島市立高等学校教諭)
       「博学連携・高大連携を通じた歴史教育の実践について」    
・14:15~ 吉嶺茂樹氏(北海道有朋高等学校(通信制課程)教諭)
       「北方史から世界史を考えるために-いくつかのケーススタディ-」 
・14:45~ 休憩
・15:00~ 総合討論(コーディネーター:小野塚航一・松下正和(神戸大学))
・16:00  終了

参加に際しては事前申し込みが必要となります。プログラムの詳細も含め、参加希望の方はこちら(「地域歴史資料学を機軸とした災害列島における地域存続のための地域歴史文化の創成」公式ウェブサイト)よりお申し込みください(申し込み締切:11月22日(月))。

タイトルとURLをコピーしました