高大連携歴史教育研究会・第7回大会のお知らせ(6月16日追記)

主催

【日時】2021年7月31日(土)・8月1日(日)
【会場】オンライン形式での開催(主管:東京学芸大学)
【プログラム】
《7月31日(土)》
・開会挨拶:勝山元照(当会会長)(13:00~)
・事務局連絡 オンライン開催に伴う諸注意など(13:05~)

全体会「新しい地理歴史科教育の課題を考える(仮)」(13:15~16:15)
 コーディネーター:小嶋茂稔/日高智彦(東京学芸大学)
 報告:吉嶺茂樹(北海道有朋高等学校)/柴田祥彦(東京都立国分寺高等学校)/三谷博(東京大学名誉教授)
 コメント:鈴木允(横浜国立大学)/小太刀知佐(東京学芸大学附属高等学校)

・総会(会員のみ)16:30~17:30

《8月1日(日)》
〈第1会場〉
パネル①「単元の問いを重視した授業作りを考える:帝国主義を題材にして」(9:00~11:30)
 コーディネーター:大房信幸(長野県飯田高等学校)
 報告:大房信幸/本間靖章(北海道札幌北陵高等学校)/杉本祐輝(埼玉県立深谷高等学校)

・パネル②「大学において歴史の教師をどう養成するか:現状と課題」(12:30~15:00)
 コーディネーター:小嶋茂稔(東京学芸大学)
 報告:関周一(宮崎大学)/今井宏昌(九州大学)/小嶋茂稔

・パネル③「「新指導要領」下の授業作り:高大連携をベースとした組織的授業改善の模索と教材共有サイトをめぐって」(15:30~18:00)
 コーディネーター:徳原拓哉(神奈川県立鶴見高等学校)
 報告:徳原拓哉/福崎泰規(福岡県立修猷館高等学校)/佐藤克彦(千葉県教育委員会)/小野塚航一(神戸大学)

〈第2会場〉
パネル④「「歴史総合」の魅力を探る:歴史総合をふまえた新しい歴史教育の追究」(9:00~11:30)
コーディネーター:藤村泰夫(山口県立宇部西高等学校教諭)
 報告:中田奈穂美(香蘭女子高校)/井本光輝(宇部西高校)/石原純(甲府商業高校)/祐岡武志(阪南大学)

パネル⑤「「歴史総合」の入試科目化を考える:大学入学共通テスト「歴史総合」サンプル問題の検討を通して」(12:30~15:00)
コーディネーター:鈴木茂(名古屋外国語大学)
 報告:茨木智志(上越教育大学)/角田展子(都立青山高等学校)/金子勇太(青森県総合学校教育センター)
 コメント:安藝宏和(北海道札幌北陵高校)/渡邉大輔(北海道松前高校)

パネル⑥「高校生の自主的歴史研究活動の現状とその支援策」(15:30~18:00)
 コーディネーター:油井大三郎(東京大学・一橋大学名誉教授)
 報告:矢部正明(関西大学中等部・高等部)/風間洋(鎌倉学園高等学校・中学校)/赤澤明(堺市国際課・元堺市博物館副理事)/櫻井祥行(韮山高等学校)
 コメント:桃木至朗(大阪大学名誉教授)

どなたでも無料で参加できますが(ただし総会は会員のみ)、参加に際しては事前申し込みが必要となります。申し込み方法につきましては追ってこのページに掲載します。

タイトルとURLをコピーしました